日記

「ミニ大通り散策路」は秋色の深まりを見せて、雨がちの日々の中に

雨がちの日が続いている。束の間、太陽が顔を出し予報とは異なる天候の日が多い気紛れな秋の空。その晴れ間をぬって散歩に出かけた。いつもの「ミニ大通り散策路」はすっかり秋色に染まっている。橙色と黄色のコントラストが緑に映えて美しく思わずシャッターを押してしまった。

秋色のアジサイが

街中のアジサイの花は既に刈り取られているのが多く残念な思いだが、「ミニ大通り散策路」ではえんじ色や深い赤紫色への変わりようを見ることができて嬉しい。秋色のアジサイは予想以上に美しく、時を経てその色の変化を目の当たりにできる。

ヤマブドウのように黒く熟したヨウシュヤマゴボウの実

一粒一粒がより一層熟していてまるでヤマブドウのようなヨウシュヤマゴボウの実。ここで足を止めるのは私くらいでかえって不思議に思うのだが、関心がないと興味を持てないのは当然だろう。この辺りを歩く度に「今日はどうかな?」という思いで眺めると季節の移り変わりとその実りを実感できる。冬が来るまでもう暫く眺められそうだ。

夕方、東の空に虹が架かっていました

夕方、束の間、雲間から太陽が顔を出した。東の空を何気なく見ると、ビルの横から虹が架かっている。「虹が。」と暫くじっと眺めてしまう。高層ビルの間から見える都会の空は狭く、その空の隙間にかかる虹だ。夜に輝く星もビルの明るさやネオンの影響で嫌に少ないのだが。

「コロナ禍」、自粛生活の中で

「コロナ禍」で散歩をしていると、これまでは気にも止めていなかった木々や花々の一寸した変わりように目が届くようになった。そして、思うように旅行ができない、公共交通機関をなるべく控える、買い物は最低限にする等の自粛生活にストレスを感じながらも結構無駄を省いたシンプル生活を体験している自分自身に気づく。

100年前の「スペイン風邪」は一時収まっても再発し、結局3年はかかったという。100年前より数段医療が発達しているとはいえ、地球上には数知れず存在する「ウイルス」を侮ってはいけない。人類が科学を発達させ、それと裏腹に眠っていた「ウイルス」を目覚めさせているのかも知れない。

私のような凡人は、密閉・密集・密接の三密を避けることで意識的に遠ざけるしかできない。

「北海道大学構内イチョウ並木」は黄金色の回廊です前のページ

「札幌」市街地の晩秋、美しい紅葉を巡りながら次のページ

ピックアップ記事

  1. 「ボランティア活動」で学習支援、冬期間の取り組みとして
  2. 札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  3. ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月
  4. 札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
  5. 「円山動物園」は親子で見どころいっぱい

関連記事

  1. 日記

    「北海道知事公館」前庭は初冬の趣を漂わせています

    晩秋と言うより、最早初冬の趣を見せている「北海道知事公館」前庭。訪れる…

  2. 日記

    札幌「乃木坂な妻たち」高級食パン専門店は1月19日でオープン1周年

    昨年の今頃、桑園のこの辺りを歩いていたら、「乃木坂の妻たち」の…

  3. 日記

    「朝ドラ」はこの4月から100作目に

    毎朝、朝食を取りながらNHKのBS3チャンネルで再放送される「朝ドラ」…

  4. 日記

    「おいしい仕事人」NHKラジオ深夜便より 日本では年間600万トン超の食糧が廃棄されています

    最近、節分の恵方巻きなどが売れ残り大量に廃棄され問題となりました。…

  5. 日記

    晩秋の「円山」に登って 登山とは関係ありませんが昨夜はブルームーンでした

    10月は二回の満月があり、31日は今月二度目の満月をベランダから見るこ…

  6. 日記

    もりもと「量り売りパン」に続々と新商品、この時季お勧めは「ゆきむしスフレ」

    もりもと「量り売りパン」もりもとは子供の頃、地元千歳の唯一のパン屋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月
  2. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  3. 日記

    ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
  4. 日記

    「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…
  5. 日記

    『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
PAGE TOP