日記

「大通公園」12丁目、色とりどりのバラは三分咲きです

お昼近くになると、ビジネス街にはコンビニ弁当を下げた人が行き交い、おそば屋さん、カレーうどん屋さん、定食屋さん、ランチ屋さんの玄関前に並ぶ人で何時もの賑わいを取り戻してきたかのように思われる。さすがに北海道とはいえ、服装も夏向きに様変わりしている。

DSC_1996

通りでは、さすがマスクは手放せない。ところで、札幌市内ではアベノマスクには未だお目にかかっていませんが。マスクをしていると顔といっても目だけでその人の表情を判断しなければならない。目は口ほどにものを言うと、いわれているが、暫くこのような状況が続いていくだろうか。数か月前と変わらないようで、変わってしまった日常。

DSC_2009

DSC_2010

夏のような暑さが続き

今日の最高気温も30度近くと夏のような暑さが続き、咲いている花も一変してしまった。「大通公園」12丁目は、「北海道博物館」を臨む「バラ園」が広がっている。そろそろ開花し始めたバラの花が、まだ満開とまではいかないまでも、それぞれの出番を待ち構えているようだ。閑散としていた公園のベンチにも人々が憩うようになった。

DSC_1998

外でリフレッシュ

ステイホームとは、ただじっと家に閉じこもってと言う意味に捉えていた。外ではそれぞれが近づかないように気をつけようと、変化してきた。少しでもリフレッシュしていかないと引きこもりになってしまう。夏場は一時的に穏やかに見受けられるコロナ。秋から冬にかけて第二波、第三波とも言われている。それを踏まえつつ、これからも備えていこうと思う。

DSC_2005

「バラ園」に佇み、ふと現実をとり戻しながらこれからの身の置き所を考えてしまう。今年は「大通公園バラフェスティバル」は開催されないが、満開のバラで彩られた時、その輝きを追記でお知らせしていきたいと思う。今は三分咲きのバラたち。

ピックアップ記事

  1. ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月
  2. ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
  3. 札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
  4. ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
  5. 「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書

関連記事

  1. 日記

    「コケコッコー花」を知っていますか、遊んだことありますか

    季節に夏を感じ始めると、散歩道の草花には変化が見らるようになりました。…

  2. 日記

    「GW」は「我慢ウイーク」、「緊急速報メール」で外出自粛の朝、散歩道に満開の桜を愛でながら

    ゴールデンウィーク真っ最中のはずですが、残念ながら今年はステイホームウ…

  3. 日記

    「もったいない精神で建築を変える 佐々木勝敏:管理建築士」(NHKラジオ第一)ラジオ深夜便から

    「緊急事態宣言」の北海道。ラジオに耳を傾ける機会が必然的に多くなってい…

  4. 日記

    「よさこいソーラン祭り 2019」のセッティングが始まりました

    4月下旬から5月上旬の円山公園はお花見でかなりの賑わいを見せて…

  5. 日記

    夫と息子、私の三人で秋の気配を感じながら散歩をして

    二週間に一度、夫と息子の三人で散歩をしている。天候とその日の夫の様子を…

  6. 日記

    「ジャーマンアイリス」初夏を告げる花の道を歩きながら

    西20丁目を南6条から南14条にかけて南北の通りは、ジャーマンアイリス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
  2. 日記

    「真駒内公園」は紅葉真っ盛り、乗用車や公共交通機関の利用で
  3. 日記

    ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  4. 日記

    「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…
  5. 日記

    ボランティア活動で学習支援、冬期間の取り組みとして
PAGE TOP