DSC_2574

日記

札幌円山「日曜日のクッキー。」クッキー専門店は、ネーミングも楽しくてユニーク

投稿日:2020年9月17日 更新日:

店名が「日曜日のクッキー。」なので、日曜日のみ開店しているクッキー専門店かとずっと思い込んでいた。ところがウイークデーでも何時通っても店が開いている。「なあんだ、単なる店の名前なんだ。」と納得した。来店客は少なそうで、大丈夫かなこのお店と思ったときもあったほど。

ネーミングが楽しい個性豊かなクッキー

真夏の暑い日、ソフトクリームの販売も始めたのか店の前で風になびいているのぼり。外のベンチに腰掛け美味しそうにソフトクリームを口にしながら休んでいる人達。それに釣られ中へ入ってみると、店内は抱いていたイメージとはかなり異なっている。

ソフトクリームを食べたいと思う気持ちを抑えつつ、持ち帰りのできるクッキーにしようと品定めをしていると、それぞれのクッキーのネーミングがユニークで思わず微笑んでしまう程楽しい。

ユニークなネーミング一覧

ソフトクッキー(早起きフレッシュ、そよ風ホワイト、夕暮れキャラメル、月夜のチョコレート、どや顔ガトーショコラ、さみしがり屋のストロベリー、ないしょ話の抹茶チョコ、ごめんねのティラミス、泣き虫のアップルパイ、地平線ラベンダー、ウソがつけないかぼちゃ、よくばり紫いも、カーテン開けてとうもろこし、ここで待ってる塩ココア)

アーモンドコロン(お日さまプレーン)等と、どこからこのように楽しいネーミングが浮かんで来るのだろうか。

お試しにほうじ茶ボールを

ほうじ茶ボール 原材料名:小麦粉、菜種油、三温糖、ほうじ茶、カラメル色素

お試しに買ってみたのはほうじ茶ボール。あまり聞いたことがない、ほうじ茶の色と香りを閉じ込めたクッキー等を。レジ袋は何処の店でも有料化されているが、「日曜日のクッキー。」では商品を小袋に入れそれを懐かしさがにじみ出ている手付き紙袋へと。

包装は懐かしい薄茶色の紙袋

袋の代金を尋ねたら無料とのことで、これで良いのではと思った。まれに紙袋でさえ有料の店がある。一昔前は何処でもこの様な薄茶色の紙袋が使われていたから。今は、スーパーのみならず個人経営店でも商品をそのままマイバッグへというところが殆どなので、リサイクルできる懐かしい薄茶色の紙袋がお気に入り。

帰宅してから味わってみたほうじ茶ボール、サクサクしているのにしっとり感があり美味しかった。サクサクしっとり感とは?そして、ほうじ茶の香りがたっぷりで。

「日曜日のクッキー。」という店名から「モーニング娘。」という女性グループ名と重なった。どのような歌を歌いヒット曲は何だったのかは全く浮かんで来ない。まだあのグループは活動しているのだろうか。「エブリデー イズ サンデー」、まるで現在の私の生活そのもの。

お勧め菓子店です。

日曜日のクッキー。: 製造者 株式会社ノースフーズ 札幌市中央区南1条西21丁目1-23

-日記
-, ,

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.