DSC_8400

日記

冬の札幌を幻想的に彩る74万のきらめき、第42回「さっぽろホワイトイルミネーション」

投稿日:2022年11月24日 更新日:

札幌の冬を彩る第42回「さっぽろホワイトイルミネーション」が点灯されました。今回はメインの「大通会場」の内容がリニューアルされ、星や宇宙をモチーフとした展示で期間中発光ダイオード74万個がきらめきを放っています。

本格的な「さっぽろホワイトイルミネーション」開幕は、3年ぶりです

11月22日午後4時30分「大通公園」3丁目、「さっぽろイルミネーション」の点灯を今か今かと大勢の市民が待っていました。幸い、天候も味方して雨は上がり黒い雲の間を微かに青空がのぞいています。

「大通公園」3丁目 点灯式に続き、カウントダウンが始まりました。闇の中から光り輝くオブジェが表れるや否や一斉にわき起こった大歓声の中の一人として、寒さの中を待っていた甲斐がありました。もちろん、マスクを着用し人との距離は十分空けていましたので。

「大通公園」4丁目 雪の結晶をイメージした光のトンネルです。

「大通公園」5丁目 人の動きに反応して星や宇宙の光の演出が始まる仕掛けになっています。

「大通公園」6丁目 コースを軽やかに競馬が走り回ります。一緒に周りを駆け抜けることができます。宛も深緑の天然芝を掛けているようです。

「大通公園」2丁目 三年ぶりに開催された「ミュンヘン・クリスマス市」は、クリスマス雑貨や食事等を販売され、クリスマスを先取りできます。飲食席は全て立食でアクリル板が設置されコロナ対策は十分なされています。

開催されている時期は会場毎に異なりますので

「大通公園」はクリスマス市を含めて12月25日まで点灯されています。駅前通会場は来年2月11日、南1条通・北3条広場・札幌駅南口駅前広場は来年3月14日までの点灯です。これから年末・年始にかけてどんよりとした世の中に明るさを取り戻すきっかけとなれば良いのですが。

最近思うこと

三年に及ぶコロナ禍も間もなく四年目に入ります。個人的にはワクチン接種をして、日常的にマスク着用・手指消毒に務めています。正直、これまでビクビクしながらの毎日でした。けれども、閉じこもってばかりはいられません。

気づいてみると友人との関わりが極端に減り、遠くなっていくように思われるのです。日常生活を送ることはできています。けれども、他人とのたわいもないお喋りが脳の活性化を促すと言われています。認知症予防のためにも引きこもらず、時には人との交流も大切にしていきたいものです。

-日記
-,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.