DSC_7982

日記

『第38回北海道ボランティアコンサート「999人の第九」』、その迫力に圧倒されて

投稿日:2022年10月3日 更新日:

ベートーヴェンの第九というと年末が恒例ですが、一足早く「札幌コンサートホールキタラ」で「999人の第九」が行われました。約1000人もの人があのステージに?想像がつきませんでした。「札幌コンサートホールキタラ」はステージの後ろ側も客席ですが、当日は合唱団員の立ち位置になるのでしょうか?友人も合唱団員の一人ですが、約1000人もの中で見つけられるでしょうか?

「999人の第九」はチケットは1階から3階まで全席指定3000円、早い者勝ち?です。販売開始から大分経っていましたので良い席は既になく、それでも2階席の中央付近が取れました。1階正面中央席が良かったのですがこの席からもステージ全体を見渡せますので、と納得。様々な期待に胸が膨らみます。

いよいよ再始動!『第38回北海道ボランティアコンサート「999人の第九」』2022年10月2日(日)開場14:00 開演15:00 札幌コンサートホール キタラ

○指揮 佐藤俊太郎

○曲目

第一部 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲K620

第二部 フリードリッヒ・シラー原詩 ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」

第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ・ウン・ポーコ・マエストーン

第2楽章 モルト・ヴィバーチェ

第3楽章 アダージョ・モルト・エ・カンタービレ

第4楽章 プレスト

ソプラノ 増田亨子 メゾソプラノ 松田久美 テノール 古城一樹 バリトン 三輪主恭

●管弦楽 札幌交響楽団 ●合唱 札幌「999人の第九」の会合唱団 ●合唱指揮 木村純・岡崎正治

3年ぶりに行われた「999人の第九」

3年ぶりに行われた「999人の第九」、圧巻としか言いようがありません。これまで、レコードやCD、ラジオでは何度も聴いていましたが、初めての生演奏でした。やはり、第4楽章に迫力があり、オーケストラと人の声の調和は最高でした。合唱団員の中に友人の姿を確認できました。歌っている時には正面、それもマスク姿なのでよくわかりませんでしたが、退場するときの身のこなしで友人と・・・。

一か月前の札幌交響楽団の演奏では、管楽器以外の弦楽器や打楽器の演奏家はマスク姿でした。今回オーケストラの楽器演奏家は全員ノーマスクで、合唱団員はマスクを着用し間隔を広くした立ち位置でしたので、まだまだ、コロナ禍でのコンサートであることを実感せざるを得ませんでした。

-日記
-, , ,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.