DSC_7442

日記

早朝の「円山」登山、山頂での「朝日」その一瞬に期待して

投稿日:

夜明けが少しずつ遅くなり、午前4時を過ぎないと太陽は顔を出さなくなりました。これから、日毎に遅くなることが予想されます。真夏の登山は、日中の暑さをできるだけ避け早朝にしようと考えています。昨日今日と晴天でしたが、それも暫く一休み。明日以降の天候は雨がちで思わしくなさそうです。雨で濡れた登山道はどうも苦手なので。

朝日が山頂を照らす一瞬に期待して

早朝の静まり返った街中を「円山」登山口へ向かいました。登山口には既に下山を終え、休憩されている方がいて驚きです。毎日、「観音像」周辺の清掃やお参りをなさっているロングスカートの女性でした。いつ起きられるのでしょうか。

靴紐をしっかり縛り直して、登山開始です。晴天続きのため登山道の足場は良好です。歩き始めると、岩場から可愛らしい花が顔を出していました。この時期に花を見られるとは!頂上へ至る登山道で花を見ることができたのはこの花のみでした。

山頂にて、登山者が影絵のように映し出され

マイペースで登頂を目指し、間もなく木漏れ日が差し込む山頂です。山頂の様子を直射日光が入らないようにカメラに収めました。思いも寄らず、山頂には登山者がいました。その登山者達が影絵のように映し出されています。早朝登山の山頂では、そのたび毎に太陽と岩場が偶然造り出す?一瞬の光景があります。

下山中のこと

下山中、最近顔なじみになった何人もの登山者にお会いしました。「お元気でしたか。また、お会いできましたね。」と、にこやかに声を掛けて下さった方。「毎日、同じ時間帯に登っているので宜しく。また会いましょう。」等と気さくです。これからも、機会があり気が向きましたら?早朝「円山」登山に挑戦です。夏の「円山」山頂での一瞬の光景を求めて。

-日記
-

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.