DSC_7434

日記

迫力ある「大友良英さん」率いるバンド生演奏と盆踊りの『さっぽろ八月祭』、北3条広場「アカプラ」で

投稿日:2022年8月2日 更新日:

7月中旬からコロナ感染者がこれまでになく急激に増加していますが、以前のように政府からの制限は特になく?経済と社会生活を両立させながら・・・です。個人的には、ワクチン接種とできるだけ三密を避ける感染対策を3年近く継続しています。室内に閉じこもってばかりでは滅入ってしまいますので、気分転換に外出です。

三年ぶりに行われた「さっぽろ八月祭」は、生演奏で盛り上がりました

29日(金)と30日(土)の二日間、「さっぽろ八月祭」が三年ぶりに行われました。コロナ禍なので、消毒液を設け感染対策を施し盆踊りの参加は事前予約制での開催です。盆踊りは「大友良英さん」率いるバンド生演奏に興味を持ちました。

会場は道庁赤レンガ前、北3条広場「アカプラ」です。内部にストリートピアノが置かれ、演奏者が列を作って待つほどです。

外に出ると、巨大風呂敷を敷き詰め手作りの旗がなびいていました。ちょとした軽食を楽しむことができるキッチンカーが並んでいます。あくまでのアルコール類はなしのようです。

30℃には届かないまでも、北海道としては暑い真夏日に踊り手も観客もマスク姿です。場内放送では、マスク着用について何度も注意を促していました。「どうしても、息苦しい時には外しても・・・。」と。

初めに、盆踊りの練習を

浴衣姿の関係者が、盆踊り参加者対象に踊りの指導が始まりました。流れるメロディーはあの懐かしい子供の頃よく踊った「子供盆踊り」でした。一緒に踊るわけには行きませんが頭の中でイメージを膨らませてみると、踊りの順番などを結構覚えています。

他は、どんな曲にもアレンジできるオリジナル振り付け踊りでした。うちわを片手に浴衣姿の親子連れ、お年寄り・・・事前予約制された方が楽しそうに輪になって踊っています。

生演奏のもと、盆踊り本番が始まりました

大友良英さん率いるバンドはブラスバンド編成で、浴衣姿で演奏です。迫力あるバンド演奏に会場全体が包まれ、一曲目は朝ドラ「あまちゃん」主題曲。練習していた盆踊りオリジナル振り付けはピッタリとマッチしています。二曲目は「ホッカイ盆踊り」と、アナウンスしていましたが「ホッカイ子供盆踊り」です。正確には曲名に「子供」が入ります。

と言うのも、子供の頃によく踊りましたかっら。中学生と高校生時代の部活はブラバンだったので、より一層懐かしさを感じてしまいました。そして、「大友良英さん」率いる生バンド演奏による盆踊りは最高でした。

 

-日記
-,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.