DSC_7048

日記

「大通公園」12丁目「バラ園」、これからの華やかさに期待を寄せる五分咲きのバラ

投稿日:

生憎の小雨交じりの中、コロナ禍で外出を控えていた友人を誘って「大通公園」を巡りをしました。つい先日まで行われていた「よさこい祭り」で賑わっていた「大通公園」です。ステージ設置に使用した資材やイートインスペースは解体され公園としての静寂を取り戻していました。

公園本来の目的を持つ静かな「大通公園」も好きですが、四季折々にイベントで賑わう「大通公園」にはまた「大通公園」らしさ?があり、無ければないで寂しいものです。不思議な公園、「大通公園」。

お目当てだった12丁目「バラ園」のバラは五分咲きといったところでしょうか。友人は初めて訪れた「バラ園」の美しさに感動し、盛んにシャッターを押していました。

「バラ園」は五分咲きでしたが、久しぶりに語り合いの花は満開でした

樹木に咲く花を見つけて

「大通公園」6丁目で咲いている樹木の花を見つけました。「ライラック」が終わり、それから殆ど見られなくなりましたが、「ヤマボウシ」と「サラサウツギ」だけが花を付けています。

【ヤマボウシ】白い花が多いのですが、ほんのりと紅をさしたような可愛らしく咲いている花もありました。ミズキ科ミズキ属落葉高木で、花びらのようなものは総苞片です。

【サラサウツギ】小花が寄せ合って咲いている可愛らしいピンク色の花です。

「大通公園」12丁目「バラ園」

「バラ園」では、色とりどりに咲くバラの競演が、始まっています。

茶色を帯びた黄色系のバラが。

バラというとピンク系でしょうか?

珍しいオレンジ色と黄色のバラです。

つる性のバラがフェンスを伝って咲き始めています。好天が続くとバラの開花はこれからピークを迎えます。「バラフェスティバル」へどうぞお越し下さい。

お知らせ:6月25日(土)と26日(日)は「バラフェスティバル」です。

ランチは「札幌市資料館(旧札幌控訴院)」1階、「ラウンジ&カフェ SIAFさいあふ」にて

友人がこれまで訪れることはなかったという「札幌市資料館(旧控訴院)」を案内しました。ちょっとしたランチやお茶を取ることができる「ラウンジ&カフェ SIAFさいあふ」があります。持ち込みもでき、作業スペースとして利用することもできます。

アート関係の書物が豊富に取り揃えられミニ図書館風です。「バラ園」に面した窓からは、勿論バラと緑あふれる前庭を眺めながらお茶をすることができます。近代的な建物のカフェとは趣が異なり、好きな空間です。

【チーズとハムのホットサンドとドリンクセット】

ソフトドリンクは300円、軽食のホットサンド等350円とセットにすることで600円です。

気が付くと、「バラ園」に負けず劣らず話にも花が咲いて

飲食コーナーには、アクリル板が設置されていますので食事の後には語り合うのには十分です。久しぶりに会ったせいか、「バラ園」に負けず劣らず話にも花が咲いてしまいました。「バラ園」はまだ5分咲きですが、これから益々開花していくことに期待が寄せられます。

 

-日記
-, , ,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.