DSC_6949

日記

「ラッキーライラック」を見つけた「大通公園」には、初夏を彩る花々が咲き始めています

投稿日:2022年6月10日 更新日:

度々散策で訪れる「大通公園」です。色とりどりの「チューリップ」は、球根が掘り起こされてしまいその面影は全くなくなりました。ついこの間まで行われていた「ライラックまつり」。その「ライラック」も花期を終えて、ほんのわずかの木々が花を付けているに過ぎません。

初夏を彩る花々の中で「パンジー」が一際可愛らしく咲いています。この時季、円形や長方形の花壇では「パンジー」が主役です。

初夏を彩る花壇の花々は「ライラック」から「パンジー」主役の「大通公園」を散策して

「大通公園」4丁目 花の盛りを終えて、わずかに残っていた「ライラック」が「ラッキーライラック」だったとは

この先端には、3弁の【イラック】です。写真では、わかりづらいのでアップで撮ると良かったです。

わずかに残っている「ライラック」の花、その先端に「ラッキーライラック」を見つけました。5弁の「ライラック」、それも3輪並んでいます。

5弁の【ライラック】を見つけました。写真は少しボケています。

5弁の【ライラック】が3輪も並んでいます。右手にスマホ、風で揺れるところを左手で花をカメラに向けながら撮影しました。結構難儀しながら撮った一枚です。

「パンジー」が主役の花壇

円形や長方形の花壇では、幾何学的に植え込まれた「パンジー」が可愛らしく咲いています。

それぞれの造園業者さんが、花壇に幾何学模様のように植えたパンジーの色彩と併せてセンスや個性が表れています。

紫を主体とした花壇が個性的で目を引きました。

趣が異なる「山野草園」が一カ所あります

【カラフトアツモリソウ】花が大ぶりです。

【フタマタイチゲ】登山道で見かける「ニリンソウ」とそっくりです。調べてみたところ「ニリンソウ」は草丈30㎝くらいですが、「フタマタイチゲ」は40㎝くらいにもなり花期が「ニリンソウ」の後だそうです。どちらも「キンポウゲ科」です。ややこやしい?

「大通公園」12丁目 バラ園

気温は低めですが晴天続きましたので、やっと堅かったバラの蕾がほころび始めました。楽しみな「バラ園」ですが、間もなくより一層華やかさが増してくることでしょう。

つる性のバラが咲き始めていますが、つるがこれからドンドン上へ上へと伸びていきます。

丁度、噴水の水が勢いよく吹き上げました。まさに初夏を思わせる光景です。知人や友人達と心置きなく散策してみたい「バラ園」。コロナ禍ですが、最近感染者数以外ニュースになりません。けれども、その感染者数は第5波より多いのです。マスク着用については見解が出されています。未だ、手放せませんが。

 

-日記
-, , ,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.