DSC_5781

日記

お勧めは?二年ぶりの「みちのく盛岡の名品と観光展」(岩手県物産展)開催、「札幌東急百貨店」にて

投稿日:

コロナ禍のため旅行そのものに躊躇し、温泉巡り等の大好きな東北旅行に出かけるのは依然として不可能です。東日本大震災から、間もなく11年。復興からほど遠い地域もあると聴きます。せめて東北物産展等で雰囲気を味わいささやかながら協力することしかできません。

「みちのく盛岡の名品と観光展」(岩手県物産展)、二年ぶりの開催にわくわくしながら

「札幌東急百貨店」にて「みちのく盛岡の名品と観光展」(岩手県物産展)が開催され、明日が最終日です。昨年はコロナ禍で開催されず、二年ぶりです。一昨年、確か「黒豆どら焼き」を買い求め、小豆あんと違った美味しさに感動したものです。

「岩手県」にはかなり以前にツアーで訪れたことがあります。大河ドラマの撮影場所になる「歴史こうえん藤原の郷」は、奥州市にあります。その頃は江刺市といっていましたが、現在合併して奥州市となりました。かつて繁栄を極めた痕跡を随処に残し、平安時代の栄光を平泉町中尊寺や毛越寺と共に名所旧跡で垣間見ることができます。

旅行ができない状況下、せめて「みちのく盛岡の名品と観光展」(岩手県物産展)で雰囲気を味わってみたいものです。もし、混み合っていたら直ぐさま諦めるつもりで出かけました。会場となっている「札幌東急百貨店」9階は思いの外すいています。予め、一回り下見してみたところ以前に買った「黒豆どら焼き」は、今年もあります。

三陸わかめ等の海藻類、羊羹・どら焼き等の和菓子や駄菓子専門店ではなく、多種類を取り揃えているアンテナショップ前で立ち止まっていると、店員さんに声を掛けらてしまいました。気さくな方の話につられ立ち話に花が咲き、ついそのままお買い物となりました。

【お菓子系】まとめ買い三品で1080円です。一品毎で購入すると1200円位になります。

○岩手南部せんべい(岩手県産株式会社)

バター豆、かぼちゃ、バターごま、ごま醤油、厚焼き落花生、ごま、まめ、まめ醤油と8種類入りでそれぞれの違いを味わいながら楽しむことができます。

○おいしい岩手 くるみたっぷり「ゆべし」溢れる胡桃の香り・・・(岩手県産株式会社)

黒ごまと白ごまの「ごまゆべし」もありましたが、くるみたっぷり「ゆべし」を選びました。味わい深く美味しかったです。

○あずき入り(北海道産100%使用) 新感触完熟とろけるおいしさ「花林糖」

見かけが堅そうなので、念を押しました。「歯には大丈夫ですか?」と。それが見かけによらず、サクサクで甘さも控えめです。噛むほどにあずきの風味が広がります。高級洋菓子や高級和菓子も良いのですが、素朴なかりんとうやせんべいに懐かしさが込み上げて来ます。

【お惣菜(おかず)系】まとめ買い三品で1080円です。一品毎で購入すると1200円位になります。

○くるまふ(株式会社 矢沢製麩店)

早速、夕食の煮ものとして重宝しました。。

○サバ缶(岩手県産株式会社)国産サバのレモンバジル味、サバ缶 国産サバのオリーブオイル漬け

東日本大震災後の復興支援テレビ番組でこのサバ缶(岩手県産株式会社)を取り上げていました。当時、高価とは思いながらも買ってみようとしたところ手が出ませんでした。今回は多少お買い得でもあり買ってみました。サバ缶というと、塩味・味噌味・醤油味が主流ですが、高級感をイメージさせるレモンバジル味やオリーブオイル漬けです。

【単品で】

○三陸釜石 中村屋帆立らーめん 324円(岩手県産株式会社)

○まるごと国産の乾燥野菜 乾燥 笹切りごぼう 648円(岩手県産株式会社) 熱湯で5分戻すだけで簡単調理。鍋、汁物にはそのままひとつかみさっと煮込んで。

ゴボウは大好きで煮ものやきんぴら、豚汁に重宝しています。そのままひとつかみで汁物へとは、有り難い限りです。早速、夕食の味噌汁にそのまま投入してみたところ、シャキシャキ感健在!美味しい。

「みちのく盛岡の名品と観光展」(岩手県物産展)、特にお勧めは?

二年ぶりの「みちのく盛岡の名品と観光展」(岩手県物産展)でした。お惣菜系、お菓子系にしてもどこか懐かしい昭和の香りを漂わせています。昔ながらの製法のかりんとうや南部せんべい、ゆべし、車麩等。機会がありましたら、是非お買い求めになりお確かめ下さい。

今日1月17日は「阪神・淡路大震災」から27年目、午前5時46分に黙祷して

奇しくも今日1月17日は、「阪神・淡路大震災」から27年目の日です。身内や知人が被災した訳ではありませんが、毎年、忘れずに午前5時46分には黙祷しています。あの日は丁度冬休み中でした。仕事を休まずに休み中の人生初めて人間ドック予約の日。

職場関係で札幌の健診センターでしたので、早朝から起きて身支度をしていた矢先テレビに釘付けとなってしまいました。これが現実なのか。一応、その日人間ドックを受けに行きましたが衝撃的な出来事で日付と時刻は忘れられません。

一昨日の未明、突如の津波速報に驚きました。どこでどのような規模の地震が起きたのか、なかなか知らされずただ太平洋沿岸に徐々に津波が押し寄せ潮位上昇のみの報道に、恐ろしさを感じてしまいました。翌朝、やっと南太平洋・トンガ沖の海底火山の大規模噴火によるかつて無い津波であることが分かりました。沿岸部に警報や注意報が出され22万人もの人が避難指示に従っていたそうです。

予測のできない自然災害の多い我が国です。いつも他人事と捉えがちですが、現に2018年9月6日未明に北海道胆振東部地震で大停電(ブラックアウト)を経験しています。北海道全域が停電になったのです。復旧には時間を要しました。全てを電気に頼っている日常生活を再認識し、今更ながら備えの重要さを知らされました。

-日記
-, ,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.