DSC_5672

日記

新年2022年(令和4年)に相応しい『北の自然菓「柳月 五黄の寅まんじゅう」』

投稿日:

新年明けましておめでとうございます。『北の自然菓「柳月」』で「五黄の寅年」を祝うお菓子が販売されています。「五黄の寅まんじゅう」です。令和4年は「五黄の寅」、「五黄の寅」は36年に一度訪れる強運年到来と言われているのです。それにあやかり「寅」を模して。

『北の自然菓「柳月」』は、「五黄の寅まんじゅう」を始め多々あるお菓子の中からほんの一部を紹介致します

寅もとろけるバターのコク!【五黄の寅まんじゅう】(期間限定) 120円

リアルな寅模様のお饅頭です。お味は果たして?

くちどけは粉雪のように【粉雪のドラサン】キャラメルバタークリームとくるみをサンドした冬の芳醇(期間限定) 160円 季節にふさわしく口の中で淡雪がそっと溶けるように、ほんのりと甘さを含んでいます。

冬ゆべし【みかん小餅】(期間限定) 130円 小粒のみかんを口に含んだあの感触です。

【小豆レン菓ーアズキレンガ-】 小豆の皮を練りこんだ健やかおやつで、食物繊維もたっぷり 130円

色といい形といい見かけは殆ど赤レンガです。二個入り

きこりのおやつ 【ランバシャ】ーらんばしゃー 75円

年輪くっきり、木の切り株そのものを連想させるサクサククッキーです。この歯触りが食べ心地よく感じられます。

【北ポプラ】75円

パッケージは北海道大学のポプラ並木を連想させるチョコレート菓子です。目を閉じると北海道大学のポプラ並木が浮かんできます。

2022年(令和4年)「五黄の寅年」の強運年到来にあやかって

二年に渡ってコロナ禍が続いていました。欧米では変異株オミクロン株が猛威をふるっていますので、年末年始には人の移動が頻繁になる中、何時、日本も他府県や北海道に広がってもおかしくはない状況です。2022年(令和4年)は「五黄の寅年」の強運年到来、六派までには至りませんように願うばかりです。これまで同様に、外出時にはマスクを着用し手指消毒をしっかり行って日常生活を送っていきます。

1月のウイークエンド金・土・日曜日には「店舗限定 ウイークエンド大福」が販売されます

食べ時!もち旬!【満腹餅とろ~り練乳いちご大福】220円

大福【黒豆大福】

製造者 株式会社柳月 北海道帯広市大通南8丁目15

製造所 北海道河東郡音更町字下音更北9線西18-2

-日記
-, , , , , ,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.