DSC_5395

日記

11月下旬なのに夏山装備で「円山」登山ができました

投稿日:

これまで、夏山装備での登山は11月「文化の日」前後で最終でした。積雪や路面凍結があるからです。ところが、2・3日前に「円山」登山口付近をウオーキングしていると、「まだ登山ができるかもしれない。」そう感じてしまいました。昨日の天気予報によると、今日は全国的に荒れ模様で北海道中どこも雨。案の定、ベランダから見える今朝の「藻岩山」頂上は雲で覆われています。この様な日は決まって一日中雨なのです。

半ば登山は勿論、ウオーキングも諦め掛けていたところ、雨が降って来る兆しはなくウオーキングどころか「円山」登山ができそうです。シーズン最終として、「円山」登山口へ向かいました。時折雨を呼んでいるかのように強風が吹き、昨日まで目を楽しませてくれていたイチョウ並木の葉が風に舞いすっかり初冬の風景を醸し出しています。

11月下旬に、まだ夏山装備で登山ができたとは

登り下り共に「動物園方面」登山口

登山口に綺麗な花を咲かせていた「アジサイ」は冬囲いされ、冬への準備万端。辺りの木々は松や杉を残して殆ど葉を落としてしまいました。少々ぬかるみ状態の登山道を、落ち葉が敷き詰められているところを探しながら歩きました。山中を歩くと、あの強風がウソのように和らいでいるので安堵しながら。

モノトーンの世界を思わせる中、シダの緑色に生き生きさを感じて

ヤマブドウの鮮やかな紅葉や周りの木々の黄葉はその面影はなく、登山道は笹とシダ類の緑が主役です。大きく葉を広げたシダ類が一際目を引きました。

雨の心配も無く何とか頂上へ行けましたが

程なく、岩場が目立つ頂上へ。さすがに頂上は強風が吹き荒れていますので、そそくさと下山です。雨に当たらなかっただけでも良しとしなければと思いました。11月下旬のこの時期、夏山装備で登山できたことに有りがたさを感じています。

今日は全国的に荒れ模様の天候です

下山後、ポツポツと雨脚が大きくなり「昼過ぎから雨が降る」という予報が早まったようです。早足で帰宅しました。ラジオから流れるニュースによると、全国的に荒れ模様で低気圧や前線が明日に掛けて道内を通過するとのこと。更に北海道上空には12月並の寒波で冬型の気圧配置。夕方から明日未明に掛けて、荒れ模様の天候になるとのことです。

それを避けながらの「円山」登山。今日で、このシーズン最終になること間違いありません。今シーズンは、4月中旬から季節の変化を追いながら十分楽しむことができた円山」登山です。来シーズンを心待ちしながら、自身も冬ごもりへの準備です。

-日記
-,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.