DSC_3697

日記

「旭山記念公園」へ、ボランティア活動の学習支援を終えた後に

投稿日:2021年4月22日 更新日:

ボランティア活動の学習支援を終え、ご家族の車で「旭山記念公園」を訪れました。春、爽やかな「旭山記念公園」に佇むと気分転換になります。何時もは徒歩での上り坂道を、車では瞬く間に駐車場到着。「旭山記念公園」は、「藻岩山」の登山口でもあり満車状態でした。

一度、この素晴らしい展望を味わってほしいとう思いがあり

今日の目的は、札幌市街地を一望すること。一度、この素晴らしい展望を味わってもらいたいと密かに思い描いていました。時折、強風が吹いてきますが、4月晴れの済んだ青空が心地良く日常を忘れさせてくれます。

駐車場の車の多さがありますが、人影は少なく

駐車場の車の多さはありましたが、幸いカメラ片手の人が数人。ソーシャルディスタンスそのもの?です。展望台から街並みが一望でき晴れ渡っていた中で、遙か大雪と夕張山系の山並みが続いています。まだ、雪をかぶっていて。

遊歩道をグルリと巡って

階段状の斜面を下り、水はまだお預けの円形の噴水へたどり着きました。桜の蕾は堅そうで、開花にはもう暫くかかりそうです。遊歩道を巡りながら、白樺の樹木林を抜け吊り橋?を渡りました。キタコブシが満開です。山野草の花は見られず、残念。

梢の上の方に幾つかの鳥の巣が見られます。葉が茂っていないので、忘れられた大きなボールがあるようです。何という鳥が巣を作るのでしょうか。そこから、ぐるっと一周し駐車場へ戻りました。「旭山記念公園」は、「藻岩山」への登山口、ふと、明日、登ってみようと思いました。

屋外で自然に触れる体験ができ

これまで、余り屋外での活動が少なかったお子さんです。階段の上り下りが多く続き、心配がありましたが満足したようです。机に向かう学習ばかりではなく、屋外で自然に触れる体験ができました。

-日記
-

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.