DSC_3667

日記

「円山」登山、満開の「エゾエンゴサク」と「エンレイソウ」に出迎えられ

投稿日:2021年4月18日 更新日:

早い登山シーズン到来で、今年三回目の「円山」登山は友人同伴です。「キバナノアマナ」が咲く路を「円山動物園」正門で待ち合わせました。今回の登山は趣を変え「杉林木道」を通り「八十八カ所観音像」登山口から登り始めました。途中、「杉林木道」脇にオシドリのつがいがのんびりと日なたぼっこをしているのです。先日も遭ったオシドリのつがいなのでしょうか。

「八十八カ所観音像」登山口から、春紅葉の木々の中を抜け頂上へ

こちらのコースは石段や大木の根が這い出たところが続き歩きづらい登山道です。ところが、木々の間から常に街並みが眺められます。芽が出始めたばかりの木々の葉は束の間の「春紅葉」、エンジ色。そこから垣間見える街並みにもまた異なった趣があるのです。

「エゾエンゴサク」が所々に咲く登山道を歩き

時折、満開の「エゾエンゴサク」に疲れを癒されながら頂上を目指しました。思いの外、賑わっている頂上でしたので、東屋に移動し一休みすることにしました。話し込んでいると、そこを山好きの知人が通りかかり偶然の出会いでした。本格的な登山をなさっていた方で、札幌近郊に住んでいて最近は札幌の低山を巡っているそうです。

「エゾエンゴサク」と「エンレイソウ」の見事な花ロードを下山して

「杉林木道」登山口方面へ下山しました。緩やかな登山道は「エゾエンゴサク」と「エンレイソウ」の見事な花ロードです。「エゾエンゴサク」にはうす水色、薄紫色、そして数は極めて少ない白色もありました。

すぐ近くで野鳥が飛び交っています。「シジュウカラ」、「コガラ」、「ゴジュウカラ」と思われますが。続いて「エゾリス」も忙しそうに木々を駆けずり回っていますが、遠すぎて旨くカメラに収まってくれませんでした。

お一人様登山が多い中、友人との会話が弾み疲れも癒やされます。春の花ロードと野鳥の囀りの中、心地良い「円山」登山となりました。

過ごしやすい季節となり、間近に「エゾリス」や野鳥に遭える「円山」

過ごしやすい季節となり、動きが活発になった「エゾリス」や野鳥に間近で遭うことができる「円山」。北海道札幌市の桜開花予想は4月21日です。コロナ禍なので、今年も歩きながらのお花見を満喫する?「円山公園」界隈です。

-日記
-, , , , ,

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.