DSC_3323

日記

束の間の暖気の中で「北海道庁旧本庁舎」前、池のカモ達の愛らしさに

投稿日:

バレンタイン暖気とでもいうのか昨日今日と暖かくほっと心も和まされます。昨日は太陽が燦々と降り注ぎ、心なしか束の間の春を感じてしまいました。凍り付いていた路面はザクザクなところとツルツルが交差しています。

車は勢いよく水しぶきをあげ通り過ぎていきます。ロードヒーテイングされているところではラッキーという気分いっぱいで足取りも軽くなります。これからは寒さと暖気を繰り返しながら本格的な春へと向かって行くのでしょう。

この時季寂しい限りの「大通公園」

例年、大雪像で大勢の観光客で賑わっている「大通公園」、今年はただ閑散としています。普通の雪原のようにしか思えず寂しい限りです。この時季、「さっぽろ雪まつり」たけなわのはずの「大通公園」、今年はオンラインとなってしまいました。

「北海道庁旧本庁舎」前の池では、カモ達が戯れていて

散歩がてら、「北海道庁旧本庁舎」前庭へ立ち寄ってみました。池のすぐ側にはまだ行くことはできませんが、氷が張っていた池の片側では水面にカモ達が戯れています。ただ漂っているもの、一斉に飛び立ったかと思うと素早く水面に舞い降りてくるもの、幼鳥かと思われる薄茶色をした毛並みのもの。

それぞれの動きが愛らしく、じっと眺めていてると時が経つのを忘れてしまいそうになります。いつもながらの静かな湖面を漂うカモ達には人間世界の異常さを知るよしもありません。

チラホラと旅行者と思われるスーツケース持参の方々も

地元の者のみならず、旅行者と思われるスーツケース持参の方々も大勢訪れていました。観光なのでしょうか、それともビジネスでしょうか。

暖かさにつられ、気まで緩んでしまわないように

帰宅し夕方になると雪ではなく雨が降ってきました。どうやら明日からまた荒れた天気で暴風雨警報さえでているほどです。ラジオからは「河津ザクラが開花して五分咲き、3月初めには満開になります。」と早い春を知らせる本州からの明るいニュースが流れています。今年は無理でも来春には訪れることができるでしょうか。

北海道・札幌市のコロナ感染者は二桁台に減ってきましたが、まだ予断は許せません。札幌市と他市町村との往来は未だ自粛中です。暖かさにつられ、気まで緩んでしまわないように気を引き締めじっと春を待つ昨今なのです。

-日記
-,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.