DSC_3005

日記

クリスマスムードの彩りでいっぱいの「豊平公園 緑のセンター」

投稿日:

「豊平公園 緑のセンター」はクリスマスムードの彩りでいっぱいという新聞ニュースがあり、是非行ってみようと考えました。自宅からは片道1時間ほどのウオーキングになります。幸い、小春日和のほんわりとした暖かな日差しの中を出かけてみました。日中の最高気温は11月並みとか。12月も中旬を過ぎましたが、幸いまだ積雪がありません。来週辺りから本格的な冬将軍到来のようです。

いつもはその名の如く緑いっぱいの「豊平公園 緑のセンター」です。ところが入った瞬間ぱっと華やいだ雰囲気に満ちあふれていました。ドライフラワーで作られた様々なクリスマスリース、真っ赤なポインセチアやピンク色のポインセチアの煌びやかさ。

「ヒノキ科 モントレイサイプレスゴールドクレスト」の手作りクリスマスツリー

一番目を引いたのはクリスマスツリーで、「ヒノキ科モントレイ サイプレス ゴールドクレスト」という舌を噛みそうな大きな木に手作りされた飾り付けです。近づいて見ると手作りの細やかさが伝わってきました。

珍しい花材のクリスマスリース

アジサイのドライフラワーを花材としたクリスマスリースがあり、このような使い方もあるのだと感動しました。鮮やかな赤やオレンジ色のシャコバサボテンの鉢等、色合いの乏しいこの季節に彩りを添えています。勿論、クリスマスと言えばポインセチアやシクラメンですが、それ以外にも様々な花々がクリスマス飾りとして競い合い華やかな「豊平公園 緑のセンター」です。

クリスマスの花と言えばポインセチアなのは

クリスマスカラーといえば赤・緑・白に象徴されます。丁度その色合いに相応しい花、それがポインセチアなのでしょう。日本に伝わったのは明治時代で和名を「猩々木(しょうじょうぼく)」といいますが、最近では殆ど使われていません。

ポインセチアの花言葉、赤は「祝福する」「聖夜」「幸福を祈る」「私の心は燃えている」、ピンク色は「思いやり」「清純」、白は「慕われる人」「あなたの祝福を祈る」であるように、やはり花言葉からもクリスマスへの相応しさが伝わってくるのです。

-日記
-, ,

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.