日記

源ちゃんのゲンダイ国語 追記『一億三千万人のための「論語」教室』(河出新書)10月発売

平日のNHKラジオ第一「すっぴん」(8:30から)、パーソナリティは曜日ごとに異なり、其々、個性的なパーソナリティとアンカー藤井彩子さんとの軽妙なトークで進められ、どの曜日も興味深く拝聴している。

金曜日は高橋源一郎さん担当、アンカー藤井彩子さん。「源ちゃんのゲンダイ国語」は、高橋源一郎さんの著作物をはじめとして高橋源一郎さんが気になる作家の作品を紹介するコーナーの一つである。高橋源一郎さんは明治学院大学元教授、現在は小説家、文学者、文芸評論家で、著書には「ぼくらの民主主義なんだ」2015(朝日新書)など多数。

「深読み読書会」井上陽水

今日、10月25日の「すっぴん」は「深読み読書会」の話題で始まった。過日、テレビBSプレミアムで放映される予定だが、いつ放映されるのかは現在のところ未定。その内容はアルバム「氷の世界」の歌詞等、井上陽水を取り上げたそうだ。当時はアルバムは高価だったので、高橋源一郎さんは友人のレコードを借りて聞いていた。年代的にも近いものがあり興味深い。

振り返ってみると、井上陽水の曲は歌詩そのものを嚙み砕いてて聴くより、そのメロディーが良くて車の中で聴いていた。今は懐かしいcdで聴く事がある。過日、テレビBSプレミアムで放映されるその番組を見落とさないようにと思う。

ぼくらの孔子せんせいなんだぜ『一億三千万人のための「論語」教室』

ぼくらの孔子せんせいなんだぜ『一億三千万人のための「論語」教室』高橋源一郎著は、今日、2019年10月26日が発売日である。内容は、2500年前の昔の人、孔子が漢文で記した「論語」を20年がかりで翻訳した。

20年という年月を費やし厳めしい内容にも関わらず、今読んでも分かりやすいように平易な言葉で表した。その当時、孔子は政治学校(初級学校)で弟子の育成に努め、「論語」は弟子がまとめたものであり、それが後に「儒教」の教えとなっていった。自分で納得するまで読むと、今役に立つ。印象に残ったところを記してみたところ、例えば、親が死去した後は3年間喪に服す。ただの形式ではなく、「どうして3年間も喪に服すのか。1年間で良いのではないか。」と、弟子。

子供は1年ぐらいでつかまり立ちから二足歩行へ。しかし、しっかりとした足取りで歩けるようになるには3年くらいかかる。子育てを振り返ってみるとちょうど第一反抗期のいやいや時期ではないかと思う。その間、親の無償の愛ははかり知れない。服喪中の3年は親への恩返しと感謝の気持ちを表す期間。

そして、「礼」は「ルール」、「知」は「政りごと」、「仁」は「モラル」。社会のルールには意味があり、決まりにも理由がある。2500年前というと、キリスト生誕以前の遥か昔。究極的な教えをそんな以前に孔子が説いていたなんて、人間のあるべき姿は2500年を経ても変わらない。しかし、この現実を見ると孔子は嘆くのではないか。

「君主」(目上の政治家)は、「トップに立つ者」とすると古い頭の人というイメージがあるが、いつも庶民・人々を考える人である。庶民・人々は政策、食料、儀式で社会と交わっている。

「君主」はまさしく庶民ファースト・人々のため実際ファーストで、背後から庶民を無言で支える。寛容であれば従う、信用される、誰に対しても公平に接すると不満は生まれない。2500年も前から言われてきたが、未だ実現できていない人間社会。既に、政治の根幹を説いていた。今、孔子が生きていたら怒るのではないか。

「憲法を守れ、官僚は公文書を改ざんするな。」と。現代社会に平易な言葉で一石を投じている。庶民ファーストの○○さんたちはどれだけいるのだろうか。人間の欲と徳は自分ファーストに陥りがちだ。現在、高橋源一郎さんが『一億三千万人のための「論語」教室』を一番読んでもらいたいのは○○さんたちなのかもしれない。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
  2. 雨の日の読書、翌日も雨天決行の「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」でした
  3. 「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  4. 『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  5. 札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして

関連記事

  1. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気

    「カルチャーナイト」の発祥の地はデンマークのコペンハーゲンで、札幌では…

  2. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして

    私は決して「すばらしい教師」だとか「私に任せて」などとは考えたことはな…

  3. 日記

    「『アトリウム』赤れんがテラス2階」はチカホ休憩スペースのお勧めスポット

    「赤れんがテラス」(北2条西4丁目)へのアクセスJR札幌駅徒歩5分…

  4. 日記

    「三角山ひろば(リンゴ直売所)」でレッドゴールドと紅玉を

    今日の散歩コースは、リンゴ直売所「三角山ひろば」。1時間ぐらい…

  5. 日記

    「朝ドラ」はこの4月から100作目に

    毎朝、朝食を取りながらNHKのBS3チャンネルで再放送される「朝ドラ」…

  6. 日記

    「みよしのの餃子」は熱々出来立て、初秋の散歩で

    あの夏の暑さを懐かしく思われるほど、涼しい日が続くようになった。今日の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    紅葉真っ盛りの時季、「真駒内公園」へは乗用車や公共交通機関の利用で
  2. 日記

    雨の日の読書、翌日も雨天決行の「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」でした
  3. 日記

    ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  4. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  5. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
PAGE TOP