日記

「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書

投稿日:2019年10月5日 更新日:

一日中、雨模様の日、そんな日は少なからず滅入ってしまうので、チカホをウォーキングを兼ねながら、図書館まで歩いた。
「図書・情報館」は教科書類の持ち込みは禁止で本の貸し出しは行っていないが、自由に閲覧することはできる。たまに訪れ、好きな書籍の続きを読む。「中央図書館」で借りたい本があっても数十人待ちの場合がある。そんな時にはここへ来て読むことが多いが、一度で読み切らないので次の楽しみとして残している。今、話題のイクメン体験談とお一人様起業はすでに読み終わり、現在、元少年院教官の自叙伝等を読んでいる。次回はいつ来られるかわからないので、どこまで読んだかをしっかり記憶しておかなければならない。これはボケ防止に一役かっているのか。

翌日も朝から小雨模様。「豊平川ごみ拾い清掃(ボランティア活動)」は中止だろうと勝手に判断していたが、パンフレットを注意深く読むと雨天決行と書かれている。
しかも雨は上がったようなので渋々出かけることにした。地下鉄駅でシルバー仲間と待ち合わせをし「豊平川河川敷」へ向かう。

地下鉄を降りると、何と中島公園付近は十分な雨降り状態で、同じ札幌市内なのに少し離れているだけで天気の違いを感じた。
集合時間には遅れていないはずなのに、すでに開会式が始まっている。「スーパーイオン」主催ボランティア活動で、子供から大人まで数百人規模で予想以上の人に驚いた。

ゴミ袋・軍手・ひばさみを受け取り、傘を差しながらごみ拾い活動開始。
人数が人数だけにそれ程ごみは集まらないように感じ、少し遠くへ移動した。今、問題となっているストロー、たばこの吸い殻、そしてバーベキュー後の炭、ガラスの破片を拾う。空き缶が多いのかと思ったが、たった1個だった。
「貴重な1個だね。」と、友人と笑ってしまった。

雨の中ということもあり早目に終了した帰り道、歩道には嫌にたくさんのごみが落ちているのが目に付いた。レジ袋、ストロー、たばこの吸い殻、ティシュ等があそこにもここにも。
ごみ拾いボランティア活動後、目の付け所が変わり関心がなかった自分自身に気付いた。日本人て、こんなことはしないはずと思いながら地下鉄駅へ向かった。

「雨の中にもかかわらず、ボランティア活動にご褒美を」と、カフェでコーヒーを飲みながら暫し二人で反省会をし余韻に浸りながら帰宅する。
二人共、教職経験があるので、過ぎ去ったその話題に花が咲いた。そう言えば、昨日は誰とも会話をしていなかった自分に気付いた。

-日記
-, , ,

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.