IMG_0001_BURST0010030

日記

「食パン『パン・ド・ミ』(イオン)」は高級食パンブームですが、お手軽価格オリーブオイルで

投稿日:2019年9月16日 更新日:

日本中の「食パンブーム」にあやかり?

今、大阪に始まり日本中が食パンブームらしい。札幌でも食パン専門店があり、大人気のようだ。
自分でフライパンでパン作りに挑戦することもあるが、パン酵母ではなくイーストしか手に入らず、現在休業中。
最近は菓子パンより食パンを購入することが多くなった。食パンそのものの味と耳の柔らかさ加減の違いが面白い。
この辺りにもパン屋さんが10件くらいと多くあり購入して食べ比べをしたものだが、この日記を書く以前だったので、機会があったら再度挑戦して記してみたい。一斤で300円~400円から700円~800円。確かに後者は耳も柔らかくて美味しい。癖になりそうで味が全く違う。しかし、原材料が記載されているところとそうでないところがあり、気にはなっていた。

スーパーではお手軽価格で売られている「食パン」ですが

スーパーで購入する食パンは、一斤100円前後のものからせいぜい200円の価格だ。しかし、その成分表を見ると、現在問題となっているマーガリン、ショートニング、イーストなどと記載されている。すぐに害になるわけではないと思うが、取り敢えず身体に良くないといわれているものは成るべく口にしない方が良いのではないか。食料全てを自給自足で賄う等とはとても不可能なので、良くないと言われている物は成るべく取らないようにしようと考えている。もうこの年齢で、と考えるが、飽くまでも出来る範囲で。

イオンで販売されている「パン・ド・ミ」は

ところが、最近、ある程度無添加の食パンを発見した。イオンで販売されている「パン・ド・ミ」で、原材料は、小麦粉・砂糖・オリーブ油・食塩・パン酵母なのだ。一斤5枚で148円(税抜き)と価格も手ごろ。そのままジャムをつけてもトーストして食べても美味しい。ここに「北海道産小麦」と書かれているとこの上ないのだが。

包装されいる袋によると、「パン・ド・ミ」とはフランス語で「中身のパン」の意味で表面がカリッとフランスパン風で中身がふわっと美味しく焼き上げているパンのこと。三つのこだわりとして「オリーブオイル使用、乳酸菌効果でソフトでしっとりとした口当たり、フランスパン用粉を使い素材そのものを感じる味わい」とあり頷ける。

マーガリンを使用していないので、現在、問題となっている「トランス脂肪酸」はゼロなのだから尚更お勧めの食パン「パン・ド・ミ」。

-日記
-, , , ,

Copyright© コマクサ|札幌円山近郊山登りとお勧めスイーツと雑記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.