日記

「栃の実(種)」と「クルミ」のその後、食べられるようになったのかな?

散歩をしていて栗の実によく似た木の実を見つけた。帰宅してから調べてみたところ、栃の実(種)と判明。灰汁抜きが手間取りそうであったが挑戦してみた。

栃の実(種)を4日間水に晒した後、湯に2~3時間浸す。皮をむきながら小さい破片を口に含んでみたところ、強烈に苦い。これが灰汁なのか。
皮むきはとにかく皮が硬くてかなり大変で、リンゴやジャガイモのようにはいかない。
灰汁抜きのため重曹をまぶしてよくもみしばらく置いた。それから水洗いをして水に浸していたら、水が黄色に変色してくる。この黄色の源が灰汁かと思いながら、それはどんな物質なのだろうかと不思議に思った。数度に分けて水を取り替えながら、一昼夜置くことにする。

クルミの処置にも手間取った。子供の頃、土の微生物で種の周りの皮や筋が分解されるので、皮が付いたまま土に埋めておくとよいと言われていたが、マンション暮らしはそれもままならない。
皮をむいて暫く置いてから洗ってみた。種の周りの真っ黒になった筋がかなり手ごわく、たわしでこすってもなかなか取れない。水に浸してからたわしでこすることを数回繰り返してみた。完璧に綺麗にならなかったが、きりがないので一応終了。
完全にきれいではないが、クルミはこのままでも割って中身を取り出すと食べられる。

さて、栃の実(種)の処理に一週間が経過した。水を何回も取り替えているが一向に灰汁は抜けず水は黄色いままだ。
煮てみたろ栗の実のようになったが、まだ渋さが残る。更に、水に浸してあく抜きを続ける。
縄文人の苦労が分かったような気がする。食糧の調達は大変で、生活全ての時間を費やしていたのではないか。縄文人さん、お疲れ様。

とうとう、10日くらい経過してしまい、水の取り換えは終了。
腐ってしまうとまずいので、ナッツのように使ってみよう、と考え砂糖を煮溶かして絡めてみた。
しかし、甘さの中に何となく渋みは残っている。

ピックアップ記事

  1. 「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  2. 「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…
  3. ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
  4. 「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書
  5. ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月

関連記事

  1. 日記

    大通公園の夏まつりとビアガーデン、午前中のひとこま

    毎月、第2と第4水曜日に道新ビルで午前10時から行われる「講座」を受講…

  2. 日記

    「円山動物園」待ちに待った開園です

    6月3日の「円山動物園」、待ちに待った開園です。けれども、当面は全面開…

  3. 日記

    札幌菓子處「三八菓舗」は創業明治38年の老舗店です

    コロナ禍で「北海道物産展」は全国各地で中止となり、地元北海道ではインタ…

  4. 日記

    北の自然菓「柳月」の「あんバタサン」は、昨年大ブレークしたお菓子です

    近くの大型ショッピングセンターにお菓子の「柳月」を見つけた。札幌には「…

  5. 日記

    「ラグビーワールドカップ2019ファンゾーン」と「オータムフェスト2019]の大通公園

    朝からの澄んだ青空と「大通公園」12丁目の「バラ園」の散歩が、昨日の一…

  6. 日記

    「パラティーノ ドリアとオムライスの店」はデザートもお勧め

    3月に入りましたが、天気予報によると今週は雪マークがずらっと並んでいま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    札幌「円山動物園」は親子で見どころいっぱい、「ツクイ札幌山鼻グループホーム」の方…
  2. 日記

    『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  3. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  4. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  5. 日記

    札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
PAGE TOP