日記

ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを

投稿日:2019年8月14日 更新日:

ボランティア活動として市販されていない幼児用のマスクを制作しそれを活用してもらう活動がある。
友人とコーヒーを飲みながら、何の気なしの会話の中でそのことに触れる機会があった。その時、マスク制作を快く承諾して下さったので、その友人にお願いしてしまった。私には到底不可能であるから。

過日、早急に必要としているのが4歳の女の子用であった。数日前に見本を見せていただくと、可愛いらしい布で手のひらにすっぽりと収まってしまいそうな大きさ。
きっと喜んでくれるに違いない。その女の子や家族の喜ぶ姿が目に浮かぶ。

彼女はすでに100枚近くの型取りを終えているという。実は、9月の下旬にイベントが計画されていてこの数が必要となっているからである。
彼女の器用さとセンスの良さを改めて感じ取ってしまった次第である。
本来なら私が制作しなければならないところなのに時間と労力を考える時、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
彼女は母親を介護しながらの制作であるにもかかわらず、「ミシンはいつも使いやすいようになっているの。」の言葉に甘えてしまった。
本当にありがとうございます。

-日記
-

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.