日記

札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして

私は決して「すばらしい教師」だとか「私に任せて」などとは考えたことはなく、日々、試行錯誤を繰り返しながらその時の最良の方法はどれかを絶えず考え教師として行動していた。

38年間の教員生活の中でこれが不登校だという事例に直面したのは、定年まで5年を残し最後の赴任となった小学校でのことである。
1学年2クラスの12学級編成の小学校で1年生の担任となった。学年は私と20代後半の男性教師。
1学期の大きな行事運動会をクリアし終え夏休みを迎えた。25日間後2学期が始まり休みがちな子が出現。特に体の調子が悪いわけでもなさそう。家庭訪問をしたところ、母親はとにかく登校させたがっていたが、ここで思いっきり休むことを提案した。立場上、休ませたくはないがこの子にとってはその時の最良手段だと考えた。母親、担任の私、学校長とで話し合う場も設定し、これからの対策を練った。取り合えず思う存分家庭で母親に甘えさせた。もしかしたら、幼児期に十分母親に甘えられなかったのかもしれない。休んでいる間、度々家庭訪問をし家での様子を聞いたり一緒に遊んだりしてきた。遊ぶ様子から、私を嫌って不登校になったのではないと感じ取れた。

さあ、十分に母親に甘えられこれからの事柄を確認し、少しずつ学校に足を向けさせた。今日は玄関まで、明日は教室の入り口までというようにあせらずに。
その後、学校長にお願いし合同授業などの間、彼と学校探検したりお話したりと教室には入らないまでもいろいろ試みた。
決して無理強いしないことを私自身肝に銘じて。学習に関しては他の子より目が行き届くようにして。

ふと、気がつくと普通に教室で学習するようになっていた。友達関係もいつも通りである。のんびりゆっくりとが良かったのかもしれない。

その後も学校長、母親との面談は欠かせなかった。子どもは勿論、母親が不安に陥らないように。
学校長いわく、「一度不登校になると何かのきっかけで再び起こり得ることなので。」
その言葉に母親は心したようであった。その後、中学校でも体験したとか。
やさしい子なので、人一倍傷つきやすさを持っているのかもしれない。
不登校は、どこでも誰でもふとしたきっかけで起こり得るが、無理強いはいけないと思う。心にやさしさを一杯秘めているんだよね、そういう子って。

私の教職経験は決して誇れるものはなく、極普通の平凡な小学校教師だった。
けれども、もし学校へ行きたくないとか行けないお子さんがいたとしたら僅かながらのこの経験を生かしながらと、考えている。

ピックアップ記事

  1. ボランティア活動で学習支援、冬期間の取り組みとして
  2. 『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  3. ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
  4. ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  5. 「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書

関連記事

  1. 日記

    「食パン『パン・ド・ミ』(イオン)」は高級食パンブームですが、お手軽価格オリーブオイルで

    今、大阪に始まり日本中が食パンブームらしい。札幌でも食パン専門…

  2. 日記

    身内のお悔やみから学んだこと

    通夜と告別式と身内の葬儀がありました。「香典返しに添えたお…

  3. 日記

    5月31日は「藻岩山の日」、いろいろなイベントが

    5月31日(金)は「藻岩山の日」。それは藻岩山は標高531mありそれに…

  4. 日記

    円山、藻岩山、大倉山の自然歩道の歴史と活用そしてまちかどキャンパス

    日常、私が手軽に近隣の低山登山をしているいくつかの山が「紀伊國屋書店ト…

  5. 日記

    札幌「円山登山」可愛らしい保育園の子ども達と密かに競争しながら

    円山の杉林を通り抜けようとしていたら、幼い子ども達の独特なあの弾むよう…

  6. 日記

    「ちふれ 化粧落としリキッド」ダブル洗顔の必要全くなしとは?

    若い頃の化粧品は「資生堂」。その頃、「カネボウ化粧品」も人気がありまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
  2. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  3. 日記

    ボランティア活動で学習支援、冬期間の取り組みとして
  4. 日記

    「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書
  5. 日記

    「真駒内公園」は紅葉真っ盛り、乗用車や公共交通機関の利用で
PAGE TOP