日記

札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援

昭和50年代の中頃、まだ教師経験も浅く毎日が必死の思いで担任していた子ども達と関わっていた。
急に2~3日続けて欠席する子がいて体の調子が悪いのかと思っていたらどうやらそうではなさそう。学校へ行きたくないからだった。

その頃は現在のように「不登校」ではなく「登校拒否」と言っていて、「不登校問題」がちらほらと出掛かっていた時代であった。

何回か母親がその子を児童玄関まで送ってきたが、教室には入ろうとしなかった。「担任の対応に原因があるのではか。」と、母親に問い詰められ反省の毎日であった。決して自分に限ってそんなはずはないとは思わないまで、も知らず知らず彼の心を追い込めていたのではないか。

その後、管理職と相談したところ、今で言う「児童相談所」で「問題傾向にある児童」として受け入れてもらえることになった。
その子との面会のため数回「児童相談所」を訪れ、数回目の時に職員の方が「この子の登校拒否の原因はどうやら父親にあるらしい。」と語ってくれた。その当時の「児童相談所」は小学校ともっと密接であったように記憶している。
それまで、担任としての自分自身に原因があるのではないかと自暴自棄に陥っていたので、その原因に納得できるものを感じた。

そういえば、その子の父親は地元の河川で鮭の密漁をして新聞沙汰になっていた。その記事に接した時、あの子の父親なのではないかと思いつつも、さほど大きなニュースでもなく職員室や学級では全く話題にもなっていなかったし、忘れかけていたほどであった。
「学校へ行くとみんなに言われるかもしれない。」という思いがあの子を「不登校」にしていたようっだ。
その後、数回の面談を経て、何事もなかったかのように極普通に登校するようになった君(きみ)。

あれから40年経った今現在の「不登校問題」は複雑で混迷を増し、社会問題化している。
その原因としては学級での友達関係、担任との関わり方、学習、家庭の問題等。
様々な方策が組まれているが益々出口が見えないように感じ取られる。

現職を去った身で偉そうなことを言えぬが、学習面に関してお役に立つことが出来たらと考え「コマクサ学習教室」を立ち上げた。

ピックアップ記事

  1. ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
  2. 「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  3. 札幌「円山動物園」は親子で見どころいっぱい、「ツクイ札幌山鼻グループホーム」の方…
  4. ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  5. 札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして

関連記事

  1. 日記

    カタラーナとピッツアが美味しい『洋菓子と薪窯ピッツァ ラ・ヴェリテ  山鼻屯田記念会館1階』

    かなり気温の高い5月下旬の日曜日、夫と息子の三人で中島公園周辺…

  2. 日記

    「ミツバチが地球上からいなくなると、人類は4年以内に滅する」アルベルト・アインシュタイン

    数年前、いやもっと以前だったかもしれないが、日本でミツバチを目にしなく…

  3. 日記

    ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを

    ボランティア活動として市販されていない幼児用のマスクを制作しそれを活用…

  4. 日記

    「みよしのの餃子」は熱々出来立て、初秋の散歩で

    あの夏の暑さを懐かしく思われるほど、涼しい日が続くようになった。今日の…

  5. 日記

    紅葉真っ盛りの時季、「真駒内公園」へは乗用車や公共交通機関の利用で

    「真駒内公園」へのアクセス乗用車では真駒内通りを南へ。地下鉄では地…

  6. 日記

    たくさん食べて大いに語り、気が付いてみたら写真を撮ることをすっかり忘れていた「6-2会」

    「6-2会」とは千歳市立S小学校5・6年生を担任した保護者(母…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  2. 日記

    札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
  3. 日記

    「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…
  4. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  5. 日記

    ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
PAGE TOP