日記

札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援

昭和50年代の中頃、まだ教師経験も浅く毎日が必死の思いで担任していた子ども達と関わっていた。
急に2~3日続けて欠席する子がいて体の調子が悪いのかと思っていたらどうやらそうではなさそう。学校へ行きたくないからだった。

その頃は現在のように「不登校」ではなく「登校拒否」と言っていて、「不登校問題」がちらほらと出掛かっていた時代であった。

何回か母親がその子を児童玄関まで送ってきたが、教室には入ろうとしなかった。「担任の対応に原因があるのではか。」と、母親に問い詰められ反省の毎日であった。決して自分に限ってそんなはずはないとは思わないまで、も知らず知らず彼の心を追い込めていたのではないか。

その後、管理職と相談したところ、今で言う「児童相談所」で「問題傾向にある児童」として受け入れてもらえることになった。
その子との面会のため数回「児童相談所」を訪れ、数回目の時に職員の方が「この子の登校拒否の原因はどうやら父親にあるらしい。」と語ってくれた。その当時の「児童相談所」は小学校ともっと密接であったように記憶している。
それまで、担任としての自分自身に原因があるのではないかと自暴自棄に陥っていたので、その原因に納得できるものを感じた。

そういえば、その子の父親は地元の河川で鮭の密漁をして新聞沙汰になっていた。その記事に接した時、あの子の父親なのではないかと思いつつも、さほど大きなニュースでもなく職員室や学級では全く話題にもなっていなかったし、忘れかけていたほどであった。
「学校へ行くとみんなに言われるかもしれない。」という思いがあの子を「不登校」にしていたようっだ。
その後、数回の面談を経て、何事もなかったかのように極普通に登校するようになった君(きみ)。

あれから40年経った今現在の「不登校問題」は複雑で混迷を増し、社会問題化している。
その原因としては学級での友達関係、担任との関わり方、学習、家庭の問題等。
様々な方策が組まれているが益々出口が見えないように感じ取られる。

現職を去った身で偉そうなことを言えぬが、学習面に関してお役に立つことが出来たらと考え「コマクサ学習教室」を立ち上げた。

ピックアップ記事

  1. 札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
  2. 『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  3. ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  4. 「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書
  5. ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月

関連記事

  1. 日記

    ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」

    インフルエンザが流行りだし暫く遠ざかっていた学習支援活動。免疫…

  2. 日記

    『小児科医のぼくが伝えたい「最高の子育て」高橋孝雄著』を読んで

    この年代になると早朝に目覚めてしまう時があります。そういう場合、躊…

  3. 日記

    「三角山」から「大倉山」へ、蝉の声に励まされて

    「三角山」へはこのシーズン三回目となる。一回目は足慣らしを兼ねて「哲学…

  4. 日記

    円山登山、シマリスと今が見ごろの初夏の花

    今週は晴天続きであったが、週末のお天気は下り坂の予報である。雨が続くと…

  5. 日記

    「ラグビーワールドカップ2019ファンゾーン」の雰囲気を味わいつつ日本対アイルランド戦

    いよいよ、日本の二戦目アイルランド戦。「ラグビーワールドカ…

  6. 日記

    「藻岩山」は春の花々が三密を避けた登山者?を迎えて

    昨日は体調不良の中で「円山」に登りながらも、春の爽やかな花たちに癒やさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月
  2. 日記

    「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書
  3. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  4. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  5. 日記

    「真駒内公園」は紅葉真っ盛り、乗用車や公共交通機関の利用で
PAGE TOP