日記

札幌「新アカデミー合唱団」と「かでるロビーコンサート」、趣の異なる二つのコンサート

 新アカデミー合唱団 コンサート4   5月11日(土)札幌キタラ大ホール

出演者:新アカデミー合唱団
指揮:鎌倉 亮太
ピアノ:鹿野 真理江
曲目:ⅠAブルックナー「アベ マリア」「テ デウム」  
   Ⅱオペレッタの世界 シュトラウス「こうもり」より、レハール「メリーウィドウ」より

旧知の友人が長く合唱団に入部しており、わざわざ千歳から札幌へ練習に通っている。
その年一度の発表会を行う「新アカデミー合唱団」は比較的年配者が多い。
口を大きく開けて声を出すことは健康増進にうってつけであるし、難解な原語で歌うので、歌詞の意味の解釈と記憶することで脳のトレー
ニングとなり羨ましい。
声の質は若い人たちにひけを取らず、ましてハーモニーも良好であった。さらに、何よりも一人ひとりの団員の方々が生き生きと表現
していたことが心に残った。

このコンサートは学生時代に音楽を専門に学んでいたもう一人の友人と観覧した。
上記の友人と彼女、二人とも幼い時分からピアノが堪能である。私たちの年代でピアノを習えるなんて、親の理解と余程家庭に恵まれ
た方に限られていた。
私は音楽好きではあったが、ピアノを習うなんて夢のまた夢の家庭に育った。
今日、一緒に観覧した友人の所属する合唱団の発表コンサートは10月にここキタラで行われるので、それも楽しみである。
まして、彼女は指導者の立場であるから畏れ多い。

 ~第107回~  かでるロビーコンサート   5月14日(火)展示ホール

出演者:武田 朗秀〈バイオリン〉、ビジャサン バローソ ギジェルモ〈チェロ〉、清水 聡子〈ピアノ〉
演奏曲:アベマリア(グノー作曲)、動物の謝肉祭より「白鳥」(サンサーンス作曲)、ニューシネマパラダイスメドレー(A&Eモ 

    リコーネ作曲)、ピアノトリオ第1番作品49より第2楽章(メンデルスゾーン作曲)、チャールダッシュ(モンティ作曲)

このトリオは札幌「円山カンタービレ」にて毎月演奏しているそうだ。
バイオリンとチェロの絶妙な音の重なりが良かった。
ロビーコンサートにも関わらず、大勢の観客のアンコールに答えさらに一曲演奏して下さった。いつもは予定曲で終わってしまうという。
このコンサートに初めて足を運んでみたが、すでに107回を迎えていることがわかり、また訪れてみたいと思った。
やはり、生演奏は良い。

「円山カンタービレ」にも機会があったら是非訪れてみたいと考えている。

ピックアップ記事

  1. 「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…
  2. ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
  3. 『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  4. 「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書
  5. ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」

関連記事

  1. 日記

    大通公園「花フェスタ2019札幌」は楽しさいっぱい、30日(日)まで

    今週は晴天続きで『大通公園「花フェスタ2019札幌」』は盛況のようであ…

  2. 日記

    「円山登山」は5月なのに、3日連続夏日後に

    5月晴れはありがたいが、なぜか昨日まで3日連続の夏日だった。心も体も春…

  3. 日記

    「中島公園」のアジサイと「北海道立文学館」でお江戸を

    市電外回りで中島公園へ向う。11時頃、乗車したところ「11時45分から…

  4. 日記

    春を満喫した大阪の旅

    娘家族が大阪在中で、二人の孫の上の子が小学校卒業なので、大阪の小学校の…

  5. 日記

    街中なのに「エゾリス」に会える「北大植物園」へ、「アメリカノウゼンカズラ」のアーチが美しい

    コスモスのシーズンになってきたので「滝野丘陵公園」へ行く予定だったが、…

  6. 日記

    中島公園へ、近くの児童公園には大勢の親子連れが

    ここ数日の天気予報は曇りから雨である。幸い朝の雨が上がったので、散歩に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  2. 日記

    札幌「円山動物園」は親子で見どころいっぱい、「ツクイ札幌山鼻グループホーム」の方…
  3. 日記

    「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…
  4. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  5. 日記

    ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
PAGE TOP