日記

「北海道立近代美術館」で「 生誕100年 没後20年 相原求一朗の軌跡  -大地への挑戦ー 」

近代美術館で「画家・相原求一朗(1918-99)」の生誕100年にあたる2018年、および没後20年となる2019年を記

念した「 生誕100年 没後20年 相原求一朗の軌跡  -大地への挑戦ー 」の大規模な展覧会があり鑑賞してきました。
「画家・相原求一朗」に関しては北海道にゆかりがある画家以外に全く知識はありませんでした。

この展覧会は6つのストーリーでたどる、北の大地に魅せられた画家の生涯です。
「絵画」にそれほど造詣があるわけではない私ですが、以下、失礼ながら自分なりに感動した「絵」の題名と感想、そして絵の横に書

かれていた注釈を織り交ぜながら記しました。

1.出発 ー画家を志してー
相原求一朗は埼玉県川越の商家の生まれで、戦時中は、兵役により満州に渡っていた。満州の広大で荒涼とした大地が後の北海道との

つながりを感じさせられた。
戦後、画家・猪熊源一郎に師事したことで画家への道が開かれた。 
「ハルピン、キタイスカヤ」(1944)等、写実的な画風である。

2.覚醒 -厳然と形のある抽象ー
「風景」(狩勝峠)北海道の秋の狩勝峠を抽象的に色で表現、「湖」(摩周)摩周湖の深い青色の神秘さに目がいかず摩周岳のゴツゴ

ツ感の方が心に響いたのか、「海」(網走)流氷が表現されている

写実的な画風ではなく、深い緑色(グリーン系)を基調とした色調で抽象的

3.探索 -ヨーロッパ・南アメリカの旅ー(1964~1979)
やはり深い緑色(グリーン系)の色調、空も青空ではなく曇り空で深い緑色(グリーン系)

「初冬の広場」(1978)から色づかいが変わってきたが、茶色やグレーで描かれていてモノトーン系

4.原風景 -北海道を描くー
北海道は満州の原野に似ている。風景表現を媒介として人間の情感を表すのに北海道は最適なモチーフ
画風が写実的に変わる。
「はこだて港 雪」函館(1971) 白色と茶色
「岬の家」えりも岬(1974)茶色と深い緑
「初雪降る」(1976)、「雪の停車場」(1976)、「網走厳冬」(1977)、「漁港厳冬」(1977)
全て雪の表現が素晴らしい。白色であって白色でない。モノトーン系であるが重厚

5.決意 -ライフワークとしての北海道ー
1980年以降、原則北海道一色 訪れたことがあるどこか懐かしさを感じる北海道の風景
「斜里浅春」(1981)、「小樽運河・大同倉庫」(1981)、「水むるむ(石狩)」(1981)、「早暁の湖」(1983)

、「雲動く」(1986)富良野 十勝岳連山、「原生林の中の二つの湖」(1988)ペンケトー パンケトー

6.再出発 -大地への挑戦ー
1990年以降 テーマは大地の美しさ、時間の移ろい、大気の潤いつまり自然のありよう
平原、丘、カラマツ林、白樺林、雲
地名を表さないまでも、北海道人なら十分に北海道を感じさせてくれる

小特集 北の十名山
「羊蹄山」(1995)、「旭岳」(1995)、「利尻岳」(1995)、「雄阿寒岳」(1995)、「斜里岳」(1995)、

「羅臼岳」(1995)、「トムラウシ岳」(1995)、「雌阿寒岳」(1995)、「十勝幌尻岳」(1996)、「十勝岳」(

1998)
ほとんど登頂した山でしたので、そのスケールの大きさとリアルさに圧倒されてしまいました。一歩一歩踏みしめながら頂上を目指し

た時の辛さ苦しさ、そしてそれを乗り越えた時の頂上での感動が蘇ってきました。「山」の好きな人のみならず北海道人なら感動に値

します。

この「画家 相原求一朗」のことは全く存じ上げず、ただ招待券が手に入ったので出かけてみたのですが、北海道に住むものとして今

まで当たり前に見えていた自然の雄大さを再認識した次第です。
画風が写実的から抽象的へ、そして再び写実的への変化。色調は数色の基調となる色使いがあるがモノトーン系。心の奥深いところに

戦争体験という何かがあったからなのでしょうか。戦争の愚かさ、醜さ、はかなさをキャンパスに表現することで語っていたのかもし

れません。
でもこれは、あくまでも私の勝手な解釈です。私たちに戦争体験を深く語らずに逝ってしまった父。ちょうど同年代だった父とオーバ

ーラップしてしまいました。

この時季、近代美術館前庭と隣接する知事公館の静寂とした庭の桜がちょうど今見頃です。静かなお花見を味わうにはまたとない機会

です。
是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

「 生誕100年 没後20年 相原求一朗の軌跡  -大地への挑戦ー 」近代美術館にて 5月26日(日)まで開催

ピックアップ記事

  1. ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  2. ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
  3. 『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  4. 「豊平川ごみ拾い清掃ボランティア活動」は雨天決行そして、雨の日の読書
  5. 札幌「円山動物園」は親子で見どころいっぱい、「ツクイ札幌山鼻グループホーム」の方…

関連記事

  1. 日記

    いつもと違う朝の地下鉄の風景でした

    早朝7時過ぎに所用のため地下鉄東西線18丁目から新札幌へ向かう地下鉄に…

  2. 日記

    ボランティア活動で冬の学習支援と来年度に向けて

    お手伝いしているボランティア団体の活動は7月から参加させて頂きましたの…

  3. 日記

    札幌大丸百貨店9階和食「なだ万」での「女子会」が続いています

    教職に着いていた当時、千歳市の小学校で出会った女教師7名で20年近く一…

  4. 日記

    大通公園の夏まつりとビアガーデン、午前中のひとこま

    毎月、第2と第4水曜日に道新ビルで午前10時から行われる「講座」を受講…

  5. 日記

    円山には早くも秋の訪れで、もうキノコが顔を出しています

    昨日までのぐずついた天気が回復し今日は快晴。気持は「山へ行こう。」であ…

  6. 日記

    「さっぽろ雪まつり」は、期間中の天候に恵まれ閉幕しましたが

    「さっぽろ雪まつり」期間中は、丁度寒波襲来?2020年2月11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日記

    『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  2. 日記

    ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
  3. 日記

    ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  4. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  5. 日記

    札幌の不登校でお悩みの小学生向け学習支援
PAGE TOP