日記

「もりもと」の量り売りパンがお勧め

三食のうち一食はパンにしています。本当は三食共パンでも構わないほどパン好きです。

私のパンとの出会いは、三・四歳頃父の仕事の関係で登別温泉に住んでいた時のことです。
その頃どんなおやつを食べていたのか全く記憶にありませんが、戦後生まれの私たちの年代にはおやつなんてなかったのかもしれません。

しかし、ある日、母が生まれたばかりの弟を背負い年子の弟と私の手を引いて、見知らぬ小さな小屋へ連れていってくれました。

今、考えてみると粗末なパン屋だったのかもしれません。その時紙袋に入れられたもの、それがパンだったのです。
初めてのパンとの出会いでした。家に帰ってから食べたのですが、これまで味わったことのない不思議な味と舌触り。

おやつなんてなかった子にとって格別でした。そのパンはジャムやクリームが入っているわけではなく、まさしくただのコッペパンにすぎなかったのですが、美味しかった。

けれど、登別温泉ではそれはたった一度きりのパンでした。

さて、小学校に入学する前年、父は千歳町に転勤となりました。その頃の千歳はまだ市ではなく町でした。
ここで人生二回目の劇的なパンとの出会いがある訳です。

当時の千歳は進駐軍の特需景気に沸いている街で、変な活気に満ち溢れていました。新規出店が多かったようです。

ある日、父の勤務先の近くにパン屋さんができたというので、珍しく父が連れて行ってくれました。

何と今ではたくさんの支店をもつあの「もりもと」の前身です。でも、正直子ども心にほとんど小屋のようではありました。

おじさんとおばさんが粉で真っ白にした手で、クリームパンとジャムパンを包んでくれました。

今でも忘れはしない甘くて美味しいパン。世の中にこんなに美味しいものがあるなんてと、初めての甘くてとろけるようなクリームとジャム。戦後、7〜8年しか経っていませんでしたので、甘いおやつには縁遠い年代でしたから。

その後、「もりもと」は駅前通りに移転し、そこは今ではあちらこちらに支店をもつ本店となっています。

子どもの頃パン屋さんというと千歳では「もりもと」で、今でも『もりもとさん』と、さん付けで親しみを込めて呼んでいる市民が多くいると思います。
千歳市の学校給食のパンや米飯は『もりもとさん』から供給されていましたので、小中学生は『もりもとさん』のパンやご飯で大きくなったと言っても過言ではありません。でも、最近ではいろいろな業者が担当しているように聞いています。

ここ数年、千歳市にもたくさんのパン屋さんができました。
聞くところによりますと、『もりもとさん』で修行した多くの方々が独立して千歳市や恵庭市でお店を開いているとか。

札幌市にも「もりもと」があり、私は一番好きな1g1、5円の量り売りパンを近くの円山クラスでよく買っています。 いろいろなパンを少しずつ味わえるからです。でも、発売当初は1g1円だったはずですが、いつの間にか50%の値上げですね。

『もりもとさん』はパンのみならず、和洋どちらのお菓子も美味しいです。子どもの頃はピロシキのパン、栗モンブランケーキが好きでした。今でもお勧めは雪鶴、どらやき、ハスカップジュエリー、いちごショートケーキそしてゼリー等々。

さすが、札幌市には個性的で本当に美味しいパン屋さんがたくさんあります。この辺りにもざっと数えても10件近くあり、機会があるごとに食べ比べをして楽しんでいます。

ピックアップ記事

  1. ボランティア活動で学習支援、冬期間の取り組みとして
  2. ボランティア活動「遠隔地とスマホで学習しよう」、「骨髄バンクを知ろう」
  3. 『ザンギ専門店 ichi』の極みの塩ザンギが美味しい!「さっぽろオータムフェスト…
  4. ツクモの新品3万円のノートパソコンは定年退職した私でも思ったより使える!「eX.…
  5. 「北海道立文学館」よみがえれ とこしえの加清純子ー『阿寒に果つ』ヒロインの未完の…

関連記事

  1. 日記

    大通公園「花フェスタ2019札幌」は楽しさいっぱい、30日(日)まで

    今週は晴天続きで『大通公園「花フェスタ2019札幌」』は盛況のようであ…

  2. 日記

    初詣、日中の最高気温が-4度とはさすが北海道

    明けましておめでとうございます。北海道札幌市は真っ白な雪で覆われた元旦…

  3. 日記

    LRT都市サミット札幌2019 記念講演(市民ホールにて)

    「LRT都市サミット札幌2019」~人と、まちと、未来と。LRTがつな…

  4. 日記

    サッポロファクトリーにて「ビリギャルのモデルとなった小林さやかさん」がトークショー

    映画「ビリギャル」のモデルとなった小林さやかさんとそのお母さんである橘…

  5. 日記

    昨年の9.6の地震が頭をよぎる1

    さあ、そろそろ寝ようかなと思っていた21時22分、ドーン、そしてその後…

  6. 日記

    「さっぽろ雪まつり」は、期間中の天候に恵まれ閉幕しましたが

    「さっぽろ雪まつり」期間中は、丁度寒波襲来?2020年2月11…

  1. 日記

    「今夜はカルチャーナイト」UHBへ、「みちゅバチ」はお子さんに大人気
  2. 日記

    ボランティア活動で学習支援、冬期間の取り組みとして
  3. 日記

    ボランティア活動「毎月11日は、イオン 幸せの黄色いレシートの日」、1月
  4. 日記

    札幌「小学生の不登校と学習支援」試みた経験を生かして
  5. 日記

    ボランティア活動で小児がんの子供たちに可愛いマスクを
PAGE TOP