日記

「ビスケットの日」は2月28日、なぜ?

投稿日:2019年2月28日 更新日:

「今日は何の日」2月28日は「ビスケットの日」なのだそうです。日本では1980年社団法人全国ビスケット協会が制定しました。では、なぜ2月28日なのでしょう。
 以下、調べてみた事柄です。

 江戸時代、長崎に留学していた水戸藩士の蘭医 柴田方庵がオランダ人から保存のきく食糧という点に着目しパンの製法を学んでいました。
 同藩の萩信之助にパン・ビスケットの製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を送ったのが1855年 (安政2年)2月28日。

 ビスケットの語源はラテン語で「二度焼かれた物」という意味の「ビス・コクトウス」であることから「に(2)どや(8)く」の語呂合わせの意味も持たせているそうです。

-日記
-

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.