日記

昨年の9.6の地震が頭をよぎる1

投稿日:2019年2月21日 更新日:

さあ、そろそろ寝ようかなと思っていた21時22分、ドーン、そしてその後のゆらゆら。
僅か30秒から40秒くらいの間にあの昨年9月6日のことが頭を過ぎった。
火元は、ガスの元栓は、・・・。「もう、ブラックアウトは勘弁してほしい。」という思いだった。

あの日、3時40分頃の突然の停電。一人、暗闇の中にいた。まるで時計が止まったように 静まり返った現実。ひっきりなしに聞こえる救急車とドクターヘリの音。
星空がやけにきれいだった。札幌の空にもこんなに星が瞬いていたのだ。

「この地震が冬でなくて良かったね。そう考えただけでぞっとする。」
あの頃、友人とはこんな会話が多かった。

また、コンビ二に何時間も並ぶの?牛乳や納豆を買うために何件ものスーパーを探すの?
それが現実となったのかと、一瞬思った。
幸い、今回はそこまでは至らなかったように思われたが、震源地はやはり東胆振地方で、北海道胆振東部地震の余震だったようだ。
 
まだまだ、今でもたくさんの方々が仮設住宅にお住まいとか。
お見舞い申し上げます。
 

-日記
-

Copyright© 札幌で小学生向けの学習支援をしています - 【サッポロ・コマクサ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.